*

水素水生成器選びは、種類を知ることから始めなさい。

健康ブームやアンチエイジングの流れに乗り、身体に害を与えると考えられている悪玉活性酸素を除外する働きのある水素水が注目を浴びています。

今では通常のスーパーなどでも色々な種類の水素水がアルミパウチやアルミ缶などに充填されて販売されていますが、長年、いろんな場面で飲みたいという人にとっては、市販の水素水を購入するより、水素水を作る生成器を購入したほうがコストパフォーマンスが抑えられる場合もあります。

水素水生成器は、設置さえすれば家庭でも自分で飲みたい分水素水を作る事ができる上に、自分で作ったものなので、安心安全に服用することができます。水素水生成器にも非常にたくさんの種類があるのです。



c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s



どのようなタイプがあるのか?

今は水素水ブームを利用して、水素がほとんど混入されてもいないのに水素水と名前をつけて販売されている商品もあります。また、水素水の中に含まれる水素は非常に軽くて逃げ易く、開封と同時に逃げ始め、飲みきれなくて残して放置しておくと、残った水の水素はどんどん減ってしまいます。

飲む時にほとんど水素が残っていない状態では水素水とはいえないため、近年では水素水生成器を導入して自分で水素水を作って飲む人が多いです。

水素水生成器には、超小型でペットボトルにセットしてスイッチを入れることで水を電気分解して、水素水を作り出すもの、500ミリリットル色ペットボトルより若干大きいけれど、軽量で、持ち運びでき、その中に水を入れてスイッチを入れることで水素水を作ることができるもの、また、携帯は出来ないけれど、家のデザインを邪魔しない、コーヒーメーカーくらいの大きさの物や、病院や施設などに設置されているようなものなどがあります。

外出先でも水素水が飲みたいという人には、携帯サイズのもの。家でゆっくり水素水を楽しみたいという人にはコーヒーメーカーサイズのもの、店などを経営していて大人数で楽しみたいという人には大型タイプなど、人それぞれの楽しみ方によって様々な水素水生成器があります。

自分の用途に合った水素水生成器を見つけてみてください。


96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s


水素水生成器の選び方は?

自宅で水素水を試してみたいけれど、水素水生成器にも色々な種類があってどれを選んだら良いのか分からないという人も非常にたくさんいます。だからといってどれでもいいと購入してしまい、後から後悔することも。

長年飲むために必要な水素水生成器だからこそ、色々なコストや濃度、機能などを良く考えて、自分にぴったりの水素水生成器を購入することが一番のコストパフォーマンスに繋がるのです。

では自分に合った水素水生成器を選ぶためにはどのような点に注意したらいいのでしょうか。コスト、濃度、機能などを比較して、自分に合った水素水生成器を見つけましょう。

選び方について、より詳しい説明はこちら


失敗しないための選ぶポイントとは?

いろんな種類の水素水生成器が出回っています。身体にいいといわれる水素水を自分で作って飲んで見るためには、水素水を作るグッズを購入しなければなりません。

水素水を作る商品には、マグネシウムの含まれたスティックなどを水に溶かして水素水を作るものと、水道水を水素水生成器に通して電気分解などをして水素水を作るのもがあります。

マグネシウムスティックタイプのものは、価格は安くて手ごろなのですが、出来上がった水素水の中に微量ながら金属イオンが溶け出したりするために、金属アレルギーを持っている人は控えたほうがいいでしょう。

水素水生成器であれば金属イオンや不純物などの混じる心配も無く安心して使うことが出来ます。大きさやコスト、メンテナンスのしやすさ、自分の目的に応じた水素濃度などに応じて、それらを満たせる水素水生成器を選ぶ必要があります。

携帯できるタイプのものであっても1万円を超える価格のものであるため、安易に決めてしまわず、比較サイトやランキングサイト、口コミサイトなどを参考にじっくりと決めていきましょう。

そういったサイトでもなかなか乗せられていない、水素水生成期の選ぶ際のポイントとしては、医療用具承認番号や医療機器承認番号が表記されているか、電極版に使われている金属はチタンやプラチナのみであること、水素水生成器を取り扱って10年以上の実績があるメーカーかどうかなどをチェックしてください。

このようなチェックを全てクリアできた商品が自分にぴったり合った水素水生成器といえます。



記事